予防処置が大切

健康な歯

子どもはお菓子や甘い物が大好きです。
でも歯磨きは子ども自身で隅々まで綺麗にできません。
子どもの乳歯はまだ柔らかく虫歯になりやすいので、口腔環境をしっかり整えていないとすぐ虫歯になってしまいます。
仕上げ磨き等できちんと親が気をつけているつもりでも、すぐ菌が増える口腔環境が出来てしまうのです。
乳歯だから大丈夫と考える親は多いと思いますが、乳歯の虫歯は生えかわった永久歯に影響する場合も多い為、早い段階から気をつけておく必要があります。
そこで、まだ健康な歯の状態から小児歯科へ通い予防処置をとる事が予防につながります。
小児歯科は子ども達が怖がらずに安心して通えるよう院内が優しい色合いにしてあったり、子ども達が好きなキャラクターのイラストを飾ったり映像を流したりと工夫を凝らしてあります。
そして嫌がる子ども達に無理強いをしない、柔らかい口調で話しかけるといった歯科医・歯科助士等の教育もしっかりしているので親は安心して治療をお願いできます。

健康でいるために

子どもの歯を健康な状態のまま維持する為には予め予防処置をしておくことが大切です。
まだ歯磨きが一人できちんとできない幼児期は親の仕上げ磨きは必ず行います。
それだけでは不十分なので、小児歯科に通い歯の正しい磨き方を教えてもらったり、歯のクリーニングをしてもらいます。
そしてフッ素を定期的に塗っておくと予防になります。
フッ素は幼児期の歯の健康維持に効果的で、一般的に行われています。
フッ素入りの歯磨き粉も市販されているので日常に取り入れやすい予防策でもあります。
また小児歯科では、シーラントという歯の表面をコーティングする処置も併せて行う事ができます。
少し時間はかかりますがその処置をするとより一層虫歯予防につながります。
その他、キシリトールを摂取する事でも歯を強く健康な状態で維持できるのでおすすめです。
歯は一生付き合っていく大切な体の一部で、歯が健康でなければ体の健康も損なわれてしまいます。
将来健康に過ごして行くために、歯の健康を維持していけるよう幼児期からしっかり歯の健康管理をしていくことが大切です。

オススメリンク

白い歯の女性

子供への対応能力

小児歯科は小さい子供が通いやすい工夫が施されていますが、だからといって本当に通いやすいかどうかは別の話です。
その理由は歯科医の対応にあります。
確かに、乳歯から永久歯へと移行すRead more

青い歯ブラシ

対象となる患者

小児歯科とは、その名が示すとおり、小児を対象とした歯の治療を行うところです。
ただ、実際には小さな子供だけではなく、18歳くらいまでの患者を対象としています。
なぜ、18歳くらいRead more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031